FC2ブログ

OKの返事を頂いたペンションに篭ります



素篭りが一番幸せ
でもダラけてしまい、精神的に負けちゃいそうで

なので居候という形を選びました



5軒ほど
募集はまだしてないケド、ペンションやホテルに問い合わせのメール

返事を頂きピンときたのがここ



決め手になったのは、働く時間が少ないコト
たくさん滑れなきゃ意味ないし

あと居候スタッフは2名で女性
こじんまりしてて、これも決め手



宿に電話したら、とても良いカンジの方でした

期間も『短期』と無理を言ったにも関わらず、融通利かせてもらい



07-08、08-09と宿探しに苦戦し、過去ここの宿にメールしたコトがあって
名前を覚えられてた
タブンそれもプラスになったんやろう



履歴書に過去泊まった宿名を書いたら、宿同士繋がりがあるらしく
『どんなコやった?』と、電話調査され

『船でヒトリで来たコやんなぁ~』とか
どこの宿でもヒトリストオンナのインパクトは強いんやねぇ



自己PR文もニセコに対するアツイ想いを書き
就職試験?を無事パスし

12/20~1/31で決定



帰っても絶対に本州ゲレでは滑らんなぁ
ってコトで勤務終われば、2月は素篭り予定



最初で最後の篭り
繰り返すのは人間まっとうではないと思うので
ワンシーズンのみ

思い残すコトないよう…
飽きるまでニセコを堪能します

もうこれで引退カナ
スポンサーサイト



2009.09.02 / Top↑
京都市美術館で開催されている『ルーヴル美術館展』へ

非日常で自分をリセット

TS3A2183.jpg TS3A2179.jpg

映画ダ・ヴィンチ・コード
表の三角建物
ミロのヴィーナス
モナリザ

あまりにも有名な、ルーヴル

フランスに行った際には是非訪れたい場所




音声ガイドを借り、時代背景やらを聞きながら絵画鑑賞

声は中尾 彬デシタ




年代は17世紀




目をじっと見てたら

強く訴えかけてくるものがあり

生き生きとした肌

今にも動き出しそうな

本物の人間みたいで

とても絵とは思えない




今回の目玉はこれ

ヨハネス・フェルメール <レースを編む女>

30センチないくらいの小さい絵画
なのにちゃんと針も見え、精巧

verlace85.jpg




一番印象に残ったのは…

ジョルジュ・ド・ラトゥール <大工ヨセフ>

幼子キリスト
養父ヨセフが手に持っているものが、十字架に見え
キリストの将来を予言しているかのような

ろうそくに照らされた、キリストの指の透き通り

ヨセフがキリストを見つめる、悲しげな目線

この絵画からなかなか離れられなかったデス

h-lto2.jpg

2009.09.03 / Top↑